働くなら、いくつになっても働ける仕事を!

せっかく働くのであれば、将来性のある仕事で働きたいものです。
高齢化や医療サービスの多様化によって医療機関の数は毎年増加しており、医療事務で働く場所がどんどん増えている状態です。今後もしばらく医療事務の求人がなくなることはないでしょう。
求人の雇用スタイルや勤務時間も多様なことも医療事務の特徴です。 正社員、パート、契約社員での求人があり、フルタイムで働けない場合も、短時間だけ働くことも可能です。
また、仕事内容は専門性が強く、年齢よりも経験が重視されますので、一度経験を積めば、再就職しやすい仕事と言えます。

資格取得で就職を有利に!

医療事務の主な業務内容は全国共通なので、資格を取得することで未経験でも専門知識を習得しているをアピールでき、就職活動を有利にすることができます。
また、資格を取ることで自身にもつながり、強い気持ちを持つことができるのではないでしょうか。

医療事務への転職経験

医療事務へ転職した方のメッセージです。

一般事務から医療事務に転職

建設会社の事務から医療事務に転職しました。マナーや電話対応、パソコンの操作方法などの経験は医療事務でも役に立ちました。覚えることはたくさんありますが、治療が済んだ患者さんの笑顔や感謝の言葉を頂くととてもうれしいです。(Sさん)

営業職から転職

営業では、ずっと気を使っていました。もちろん医療事務でも気を使っていますが、なんというか素直な気持ちで仕事ができているのが、自分にあってる感じです。(Kさん)

医療事務の資格を取るなら!

医療事務は民間資格です。いろいろな種類があり、受験資格なども違うので、よく確認して 申し込みましょう。
下記のサイトから申し込みできます。