ホーム > 医療秘書技能検定試験

医療秘書技能検定試験

医療秘書技能検定試験は一般社団法人 医療秘書教育全国協議会が認定する医療秘書の資格です。

医療機関などに勤務する医療秘書として必要な、実務マナー、医療法規や医療用語、医療事務の領域に高度な知識と技能を持ち、医師を専門的に補佐できることを目的としています。

受験資格は特に制限がなく、誰でも受験できます。

資格には3級・2級・準1級・1級の4種類があります。

試験の実施時期は、毎年6月と11月の年2回行われます。

試験内容は、
T.医療秘書実務、医療機関の組織・運営、医療関係法規
U.医学的基礎知識、医療関連知識
V.医療事務
の3つの領域となり、上級になるほど問題の難易度高くなります。
試験会場は、会員校の受験者は会員校で受験し、一般受験者は全国の指定会場で受験できます。

受験料は3級が2,800円、2級が3,800円、準1級が4,500円、1級が5,100円です。

合格基準は、T.U.Vの3領域(各100点満点)の合計が180点以上、かつ、それぞれの領域の正解が60%以上の場合、合格となります。

試験結果は、試験日から約1ヶ月半ぐらいで通知されます。