ホーム > 医療事務技能審査試験

医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)

医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)は、厚生労働大臣許可の財団法人 日本医療教育財団が実施する全国統一試験です。
年間受験者数が5万人を超える試験であり、医療事務の試験としては最大規模の試験です。
診療報酬請求事務、受付、院内コミュニケーション等の知識と技能を審査の対象としています。

以下の受験資格が必要です。

【1級】

  1. 2級合格者で、医療機関等での実務経験が1年6ヵ月以上の者
  2. 「1級試験受験資格に関する教育訓練ガイドライン」を履修した者
  3. 医療機関等での実務経験が3年以上の者

※1,2,3のいずれかに該当する者。

【2級】

  1. 「2級試験受験資格に関する教育訓練ガイドライン」を履修した者
  2. 医療機関等において実務経験が6ヵ月以上の者

※1,2のいずれかに該当する者。


試験は、2級は毎月(年12回)、1級は2月、6月、10月の年3回行われます。
受験料は6,500円です。

試験内容は、

【1級】

  1. 実技T(接遇、院内コミュニケーション)
  2. 実技U(診療報酬請求明細書点検)
  3. 学科 (医療事務専門知識)

【2級】

  1. 実技T(患者接遇)
  2. 実技U(診療報酬請求明細書点検)
  3. 学科 (医療事務専門知識)

1.実技I・2.実技IIおよび3.学科の各々の得点率が70%以上で合格となります。
合格率は約58%です。
試験結果は、試験日から約1ヶ月ぐらいで通知されます。

試験は、医科と歯科に分かれており、合格者にはメディカルクラークの称号が与えられます。