ホーム > 調剤事務管理士技能認定試験

調剤事務管理士技能認定試験

調剤事務管理士技能認定試験は、技能認定振興協会が主宰する調剤事務の認定試験です。
調剤報酬の仕組みを理解し、調剤報酬の算定に関する知識と技能を認定する試験です。
受験資格は特に制限がなく、誰でも受験できます。
資格には医科医療事務と歯科医療事務の2種類があります。
年間6回の1月、3月、5月、7月、9月、11月の第4土曜日に行われます。

資格内容は以下の通りです。

【実技】

調剤報酬明細書の作成

【学科】

  1. 法規(医療保険制度、調剤報酬の請求についての知識)
  2. 調剤報酬請求事務(調剤報酬点数の算定、調剤報酬明細書の作成、薬剤用語についての知識)

(診療報酬点数表、各種資料などを参考にして答案作成が認められています。)


受験料は5,000円です。
試験会場は、日本医療事務センターの指定会場、受験申請のあった専門学校、各種学校等で実施されます。
実技試験70%以上、かつ、学科試験70点以上で合格となります。試験実施後合格発表は、試験後、1ヵ月以内に文書にて通知されます。

合格者には「調剤事務管理士」の称号が付与され、認定合格証が交付されます。