ホーム > 勤務スタイル

勤務スタイルが選びやすい

医療事務は、他の仕事に比べて勤務スタイルが選びやすい特徴があります。
独身のときは正社員で、結婚したらパートで、子どもが出来たらしばらく休んで、子どもが大きくなって手がかからくなったらパートや派遣で働くといったことも可能です。
ライフスタイルに合わせて、経験をずっと活かせるのは女性にとって魅力的です。

医療事務の給料について

ハローワークの求人情報をみると、正社員では、東京都での医療事務の賃金は20万円前後が多く、医療秘書では最高27万円のところもありました。一般事務と比べて賃金に大きな差はないようです。
パートでは、時給1,000円前後が多く、一般事務のパートよりは、若干高いところが多いようです。

医療事務の将来性

医療事務の情報化が進み、これまで手作業だった作業をパソコンで処理できるようになりましたが、ケースバイケースの対応や最終チェックや修正などは人でないとできません。医療事務の必要が無くなるということは起こらないでしょう。

また、社会の高齢化は、今後もますます進んでいきます。今後も医療機関にかかる患者数は増え続けることでしょう。そういった情勢の中、毎年、医療機関は増え続けています。
つまり、医療事務の働く場所がどんどん増えていると言えます。また、医療制度の変化により、医療事務にも新しいニーズが生まれています。どんな仕事でも変化がないことはありません。新しいことを勉強しスキルアップしていけば、医療事務は一生使える技能です。